就職活動時の面接について

就職活動時の面接について

面接を受ける際に気をつけておきたいこと

面接は就職を決める上で一番の大切な部分です。これで、会社側に自分がどのような人材なのかをある程度教えることになるからです。良い印象を与えたいと考えているならば、社会人としての一般常識を認識していることを自分の行動や言動などで伝える必要があります。例えば、時間を守る人であると言う印象は相手にいい印象を与えます。そのため、時間を守って場所に到着しておく必要があります。もしも遅れそうになる時には、かならず理由を添えて、早めに電話を入れておきます。

また、面接の際の服装についてもきちんとしておく必要があります。男性にしても女性にしても、仕事が出来る人、爽やかな人と相手に印象づけるためには身なりも十分なポイントとなります。それで、服装がどのようなものであるとしても、小さなところに気を配ります。例えば、男性であるならば、シャツのしわを伸ばしておくこと、袖口や襟口の汚れや、ボタンの緩みなどを補修しておくことです。また、ズボンの丈の長さを調節しておきます。靴もきちんと磨いておきます。女性は細かな点までの心配りはできますが、例えば、化粧の濃ゆさはあまり派手にしないこと、香水は控えめにしておくことなどを考慮しておきます。