就職活動時の面接について

就職活動時の面接について

面接で答える離職理由は角度を変えて前向きに

面接では色々聞かれることがありますが、すべて正直に答えることが正解という訳でもありません。勿論ウソは論外ですが、時には角度を変えて答えることも面接のコツになります。中でも転職の時では殆どの場合で聞かれる離職理由などは、特に注意すべき項目です。例えば前の職場を離職した本当の理由が、上司に恵まれず働き難かったという場合でありましても、それを面接の場で正直に打ち明けてしまうことは、避けるべき行為です。

仮にそれが偽り成らざる真実でありましても、その真偽の程を確かめようが無い面接の場でそれを語りましても、応募者本人のマイナス評価につながるだけです。ましてやプラスになる要素はどこにもありませんから、百害あって一利なしの返答になります。その話を聞かされる面接官から致しますと、それらはすべて上司の陰口や悪口であり、面接官が期待していたであろうポジティブな発想は全く含まれていません。では、どうするかでありますが、それらの真実はあくまで直接的な原因として心の中に収め「自らの可能性を躍進させる為には転職することが望ましいと考え、その実現の為に離職を決めた」などと角度を変えて伝える方が、無用なマイナス評価を受ける確率が低くなります。