就職活動時の面接について

就職活動時の面接について

異業種からの転職における面接時の留意点

初めての就職の他、転職でも面接を受けることが通例です。しかし同じ面接でありましても、質問内容は両者で大きく異なる傾向があります。転職の場合では、転職時ならではの質問がされることもありますから、予想される問いへの回答や、これまでの職場で培ってきた自分のアピールポイントなどを、事前に良く検討しておきます。さらに転職の場合では職務経歴書を先行して提出していることも一般的な為、その記述内容を軸として、口頭用にアピールポイントを再検討しても良いでしょう。その際、もしも異業種からの転職である場合には、自然と専門用語で話してしまう傾向がありますから、異業種でも通じる語録に置き換えて回答を考えておくことも必要です。

そして応募先での面接では、質問なども職務経歴書の記述内容を前提にしますので、その記載内容を確実に把握したうえで面接を受けることが大切です。これは複数社へ同時に応募した際は、個々の応募先に最適になるよう、多少書き方を変えて記述する場合も見受けられることです。その場合では応募先と記述内容を確実に合致させる為にも、予めコピーをして手元に残すなど、万全の対策を取っておくことが得策です。また、面接で異業種の内容を話す場合では、これまでに果たした成果の重大さや意義が伝わり難い場合もありますから、その点を確実にアピールできるようにまとめておくことも肝心です。