就職活動時の面接について

就職活動時の面接について

面接は第一印象が大事ですので、端正な服装で臨みましょう。

今の時代は就職試験や、或いは資格試験においても面接の試験が課されることが多くなってきているようです。面接というのは、筆記試験だけではその人の人物像というものが全く分からないことから、面接官が人物を把握するために行うものですので、できるだけ好印象を与えなければなりません。そして、人間というものは第一印象が最も大切であるとよく言われます。

これは面接試験でも同様のことが言えるでしょう。それでは第一印象を好印象に見せるにはどうすればいいのでしょうか。やはり、見た目ではないかと思います。頭髪ははきちんと整髪されているか。髭は剃ってあるか。着ているものは清潔なものか。ズボンの折り目はついているか。靴は磨かれているか。挙げれば切りがありませんが、服装については高価なものである必要はありませんが、手入れされて清潔なものがいいでしょう。

また面接に臨むに当たっては、時間は必ず厳守しなければならないのは社会人としては当然ですし、面接試験場である部屋への出入りの仕方や着席の仕方も大きなチェック項目の一つです。さらに面接試験中の態度も大切です。髪の毛をいじったり、貧乏揺すりをするなど許されません。また、質問には大きな声ではきはきと、分からないことは分かりませんとはっきりと答えることが必要です。とにかく、面接においては、面接官に好印象を与えることが面接試験を突破する最も重要なことだと思います。